新・群雄割拠
THe Jet'sオオハラの日記。
プロフィール

大原康輔

Author:大原康輔
東京を中心に活動しているROCK'N ROLL BAND THe Jet'sのギターリスト。

1979.12.22生まれ。静岡県浜松市生まれ。

フォークソングを聞き始めてから石川鷹彦、伊勢正三に影響を受けギターを始める。学生時代に横道坊主に出会いそして憧れてバンドを始める。



最近の記事



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ささやかなこの人生
6月になりました。

1日新宿URGAと8日吉祥寺ROCKJOINT GB、見に来てくれたみんな、ありがとうございます!

機材に関してやいつもと違う環境でやる難しさを感じましたが最高のライブだった!


8日のライブ後はロマンチストのとよと色々話した。バンドの話、金の話、恋の話。久しぶりに自分のことを人に喋った気がする。いろいろと話したくなるんだよね。とよは最高だ!

ロマンチストは6月24日に新しい音源が発売!
一足早く聞かせてもらったが・・・。あれこれ書くのが難しいから書かないけど俺はタワーレコードに予約しに行くよ!


20090612124553.jpg

そのときに「かぐや姫」の話になって何年ぶりにかCDを聞いた。
かぐや姫は自分がギターを始めて触るきっかけになったバンド。中でも「22才の別れ」「なごり雪」の作詞作曲で有名な伊勢正三さんが大好きだ。高校生の頃は聞きまくっていた。実家の浜松から名古屋へソロライブも見に行ったもんだ。テレビに出るときは必ず録画して何回も何回もみた。


伊勢正三

伊勢正三2

そして伊勢正三さんが使っていたギターが当時分からなくて調べまくった。どこにも売ってないしテレビの画像ではヘッドのところになんて書いてあるのか分からなかった。

さだまさしや石川鷹彦、アルフィーの坂崎幸之助、長渕剛などが使っているものと同じものだった。

だけどあるときアコギ専門の雑誌に出てた!!

SH350026_2.jpg

Terry's Terry(テリーズテリー)。

「ヤマハ退社後よりテリーズ・テリーを設立。ヤマハ時代からの盟友、関氏と仲鉢氏と共に良質な国産ハンドメイドギターを世に送り出しています。ヤマハ時代から日本のみならず海外のトップアーティストらをも唸らせる完成度は流石。日本国内ではもはやカリスマと言える存在です。」

ヤマハで70~80年代日本のフォークシーンを変えた中本輝美氏が退職後設立したブランド。それも工房は浜松に現在もある!
当時はほぼオーダーメイドで当然街の楽器やにあるはずが無い。
ただ当時唯一高槻の井上楽器に試奏用においてあるとのことだったんで当時京都からよく電車に乗って高槻まで行って弾かせてもらっていた。

当時で1,000,000円位から。当然買えなかった。

だけど・・・

20090612142654.jpg

伊勢正三さんがたまに使っているのを見にしていたこのギター。

GIBSON J-50。
どっちかというと色違いのJ-45というのが人気だったんであんまし当時は見ることも無かったが近くの楽器屋に。確か京都にあるきんこう楽器(笑)

値段的にもこれならなんとか・・・ってことで頑張ってバイトして買いました!


20090612124431.jpg

ライブでは一回こうせいと2人でやった時に使ったきり。
そして「NO SURRENDER」のなかの「ONE AND ONLY」の中で弾いてる。

最近ホントに手にする事も無かったしかぐや姫を聞く事も無かったけど今、このブログを書きながら「22才の別れ」を聞きながら書いている。

たまには良いもんだ!

ライブにも行きたいが調べるとかなりマニアックな場所ばかり。大都市がない。機会を伺って見に行こう!


珍しく頑張って書いたな(笑)


あと6月1日に松下のおばちゃんに撮ってもらっのライブ写真。
自分中心の写真ばかりだけど(笑)

2009.6.1-新宿URGA-077

2009.6.1-新宿URGA-030

2009.6.1-新宿URGA-053

2009.6.1-新宿URGA-025


スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。